ジャズギターを聴く

JAZZ GUITAR ALBUM SELECTION

Four / Bill Frisell (2022)

フォー / ビル・フリゼール

フォー (SHM-CD)

フォー (SHM-CD)

Amazon

ベースレス・カルテットによる美しい浮遊感

2020年のトリオ作『ヴァレンタイン』以来、約2年振りとなる新作アルバム。

ブルーノート移籍後、3作目となる。

レコーディングメンバーは、グレッグ・タルディ(クラリネットほか)、ジェラルド・クレイトン(ピアノ)、ジョナサン・ブレイク(ドラム)という、ベースレスのカルテット編成。

その分、演奏の重心がやや高いというか、従来にも増して全体に浮遊感が感じられる。

全13曲オリジナルだが、うち4曲は既存曲の再録。

曲調の幅はかなり広く、ブルースぽいもの、フリージャズぽいもの、アメリカーナ的なものなどさまざま。

クラリネットやテナーの出番も多く、ヤン・ガルバレクを思い起こすような、おおらかで大陸的なソロもある。

全体に音の数は決して多くはないが、適度な隙間加減が、音の美しさと深さを際立たせている感じ。

そのナチュラルな隙間こそがこのカルテットの美学のように思える。

 


01. Dear Old Friend (for Alan Woodard)
02. Claude Utley
03. The Pioneers
04. Holiday
05. Waltz for Hal Willner
06. Lookout for Hope
07. Monroe
08. Wise Woman
09. Blues from Before
10. Always
11. Good Dog, Happy Man
12. Invisible
13. Dog on a Roof