ジャズギターを聴く

JAZZ GUITAR ALBUM SELECTION

Freedom / Albare (2022)

フリーダム / アルベア

Freedom

Freedom

  • アーティスト:Albare
  • Alfi Records
Amazon

ランディ・ブレッカーが参加した、オーストラリアのギタリストの快作

アルベアこと、Albert Dadonは、1957年にモロッコで生まれ、イスラエルとフランスで育ち、1983年にオーストラリアのメルボルンに移住した。

ジャズギタリストとして10枚以上のリーダーアルバムがあるが、オーストラリアとしては実業家としても有名で、ファンド管理および不動産開発会社であるUbertas Groupのエグゼクティブ・チェアマンを努めている。

また、長年にわたりメルボルン・ジャズ・フェスティバルのディレクターを務め、オーストラリア・ジャズ・アワードの議長に就くなど、オーストラリア・ジャズ界の重鎮としての顔を持つ。

 

初のリーダー作は2012年リリースの『LONG WAY』。
かの名門ENJAからである。

このとき“ワールドデビュー”とされていたから、オーストラリアではもっと早くデビューしていたのかもしれないが、いま彼のオフィシャルサイトを見ても『LONG WAY』が初のアルバムリリースになっている。

アントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュート作品を発表するなど、そちら方面の志向もあるようだが、ジャズギタリストとしては正統派の人。

インタビューで、ウェス・モンゴメリー、ラリー・コリエル、ジョー・パスの影響を受けていると語っているが、それは演奏スタイルにも表れている。

本作の作曲はすべて彼か、あるいはピアニストの Phil Turcioとの共作。

先に掲げた先達に倣ったかのようなスタイルで、よくスイングし、よく歌うギターを聞かせている。

オープニングの「Freedom」はアップテンポのサンバで、ランディ・ブレッカーがゲスト・ソロで参加している。

 

1. Freedom
2. Adues
3. La Fiesta w intro
4. Lost Compass
5. Love is Always
6. Randy Makes me Smile
7. Shimmozle
8. Sketches
9. Sunny Samba
10. New Expectations