ジャズギターを聴く

JAZZ GUITAR ALBUM SELECTION

Bright Size Life / Pat Metheny (1976)

ブライト・サイズ・ライフ / パット・メセニー

デビュー作にして見事な完成度。ジャコパスとの絡みは必聴。

パット・メセニーがECMからリリースしたソロデビュー作。

この時点ですでにメセニー独自の音世界が出来上がっている。

ベースはウェザー・リポート加入前のジャコ・パストリアスで、ドラムはボブ・モーゼスという腕利きを伴っての作品。

#3はギターの多重録音だが、そのほかはトリオでの演奏だ。

いわゆる王道のジャズギターにあるような、ブルージーさや侘び寂び、スイング感は全くなく、ECM特有の陰影の深いリヴァーブの中で、どこかファンタジックな世界を描いている。

あのジャコパスがおとなしく脇にいるはずもなく、飛ばしまくりの目立ちまくりだが、メセニーとの絡みは聴き応え十分。

そのメセニーのギターも、繊細なトーンコントロール、流麗なソロ、コードワークのアイデアの豊富さなど、デビューとは思えぬ完成度だ。

全体に自由奔放なようでいて、かなり緻密に計算されているような印象もある。

ジャコとメセニーはデビュー前から親交があったそうだが、ガチで絡んだのはこの作品のみ。

もっと聞きたかった気がするが、だからこそ価値あるアルバムとも言える。

 

Pat Metheny (el-g)
Jaco Pastorius (el-b)
Bob Moses (d)

1. Bright Size Life
2. Sirabhorn
3. Unity Village
4. Missouri Uncompromised
5. Midwestern Nights Dream
6. Unquity Road
7. Omaha Celebration
8. Round Trip/Broadway Blues