ジャズギターを聴く

JAZZ GUITAR ALBUM SELECTION

Blues Dream / Bill Frisell (2001)

ブルース・ドリーム / ビル・フリゼール

Blues Dream

Blues Dream

Amazon

ブルース色の強いヴィンテージな味わい

ビル・フリゼールの13作目のリーダーアルバム。

もともとブルース、カントリーテイストの強い人だが、この作品はタイトルが示す通り、ブルース色が色濃い。

そして、彼の多くの作品にあるように、古き良きアメリカの匂いがする。

といっても、私は古き良きアメリカなんてリアルに知らないのであくまでもイメージの話だが、多くのレビューに同様の表現があるので、それは彼の音楽の主要な持ち味といっていいだろう。

本作は全体に地味である。

ブラスも含め参加ミュージシャンは多いのだが、エネルギッシュなアンサンブルがあるわけでもなく、ソロの応酬があるわけでもなく、やや曇った感じのヴィンテージな音が続く。

かといってダレた印象はなく、演奏のレベルは高いし録音もいいし、彼独自の世界観があるのは確か。

おおっと思わせる作品ではないが、バーボンでもちびちびやりながら味わいたい、そんなアルバムだ。

 


1. Blues Dream
2. Ron Carter
3. Pretty Flowers Were Made for Blooming
4. Pretty Stars Were Made to Shine
5. Where Do We Go?
6. Like Dreamers Do (part one)
7. Like Dreamers Do (part two)
8. Outlaws
9. What Do We Do?
10. Episode
11. Soul Merchant
12. Greg Leisz
13. The Tractor
14. Fifty Years
15. Slow Dance
16. Things Will Never Be the Same
17. Dream On
18. Blues Dream (reprise)

Personnel;
Bill Frisell - electric and acoustic guitars, loops
Greg Leisz - pedal steel, lap steel, National steel guitar, Scheerhorn resonator guitar, mandolin
Ron Miles - trumpet
Billy Drewes - alto saxophone
Curtis Fowlkes - trombone
David Piltch - bass
Kenny Wolleson - drums, percussion